WELL診断(ストレスチェック)

WELL診断(ストレスチェック)

平成27年12月ストレスチェック法令が施行されたのをご存知でしょうか?

御社のストレスチェック実施体制で法令違反ががないかチェックしましょう!

  • □ストレスチェック制度について衛生委員会で調査審議を行い議事録を残している
  • □平成28年11月30日までにストレスチェックを行いその後毎年行うことが決まっている
  • □ストレスチェック個人結果通知は法令指針の定める要件を満たしたものを導入している

     

    事前準備として、衛生委員会の審議、実施者や実施事務従事者の選定、規程づくりなどが必要です。

    ストレスチェック実施後は、面接指導の実施、職場別分析と改善対応、産業医が署名押印した報告書を労働基準監督署へ提出する必要があります。

    このように、形ばかりのストレスチェックを実施すれば良いというわけではなく、
    ストレスチェックを実施しただけでは法改正に対応したことにはならないのです。

    事業所内スタッフのみでこれらストレスチェック制度全般をカバーすることは困難を伴います。

    そこで外部のEAP機関やコンサルティングの支援を活用することになりますが、次のような長所と短所があります。

    外部EAP
    (長所)
    ・ 臨床心理士、産業カウンセラーなどの資格を持つスタッフがおり、メンタルに対するサービスが充実

    (短所)
    ・ 労働法関連、人事労務管理面でのサポートは専門外
    ・ 社内規定づくりなど社内体制の整備についてはサービスの対象とならない

    一般的な社会保険労務士事務所
    (長所)
    ・ 労働法関連、人事労務管理に関する専門家である
    ・ 社内規定づくりなどを得意としている

    (短所)
    ・ 産業医、精神科医との関係が希薄
    ・ ストレスチェックの実施事務や支援について消極的

    当事務所が提供する『WELL診断』では、医師等が実施者として署名押印された受験結果の通知はもちろん、
    精神科産業医の紹介制度も用意されております。

    ストレスチェック制度を、事前準備から実施後の行政への報告まで、トータルにサポートいたします。

WELL診断は行政が求めている結果通知の要件をすべて満たしています

  1. レーダーチャートなどでわかりやすい方法を用いています。
  2. 高ストレス者に該当するかどうかを示した結果
  3. 医師による面接指導の要否     (1.~3.は必須)
  4. 事業者への面接指導申し出の方法(事業場内の担当者)を表記しています。
  5. ストレスへの気づきを促し、セルフケアへのアドバイスを伝えています。
  6. 相談窓口に関する情報提供をしています。  (4.~6.は推奨)
  7. 医師又は保健師等による検査であることを保証するためにも、医師等の記名押印を実施します。

 

sample1

 

sample2

 

ストレスチェック・コンサルテーションサービス(SCCS)

ストレスチェック制度は、単にストレスチェックをすれば良いというものではなく、前工程では事業者の方針表明、
衛生委員会での調査・審議、社内規程策定、後工程では、医師の面接指導、医師からの意見聴取と就業措置、
労働基準監督署への報告等、様々な対応が行政から求められています。

SCCSとは、ストレスチェックの前後工程を含めたストレスチェック・コンサルテーションのワンストップサービスです。

事業者の方針説明

社会的背景などのリード文を盛り込んだ「説得力のある」事業者の方針表明文を策定します!

衛生委員会での調査審議

ストレスチェック制度導入運用について、国が定める約30項目にわたる詳細を審議しなくてはなりません!!

30項目にわたる詳細を丁寧にヒアリングし、実務ベースに落とし込むとともに、衛生委員会の会議資料を作成します。
必要に応じ、衛生委員会に出席し、内容説明をします。

社内規程類の整備

衛生委員会で審議した、30項目以上にわたる詳細内容を網羅した社内規定(規定)を策定します。

従業員周知と情報提供

ストレスチェック制度への理解を促し、事業所の方針を周知しなくてはなりません!
研修の実施や、事業所の方針の周知文書を作成します。

ストレスチェックの実施

職業性ストレス簡易調査票の57項目を実施し、個人結果通知で必要とされる6要件を満たした
ストレスチェック「WELL診断」を提供します。

医師面接指導の実施

面接指導対象者で希望した者に面接指導を実施しなくてはなりません!
費用は会社負担です!

メンタルヘルスを専門としない産業医でも面接指導ができるよう、国の要件を満たした「リスクヘッジ型面接記録様式」をご提供。
また、精神科産業医のご紹介も可能です!

医師からの意見聴取と就業措置

国が定めた項目について医師から聴取し、必要に応じ就業措置を実施しなくてはなりません!

国が定めた項目を完全網羅した「リスクヘッジ型面接記録様式」をご提供するとともに、ストレスチェック制度対応済みの、
就業上の措置に関する医師の意見書の様式を提供します。

集団的分析と評価

ストレスチェックのデータから組織の高ストレス者(メンタルヘルス不調になる可能性の高い者)等、多軸的な分析を実施します。

職場環境改善

メンタルヘルス不調者の出ない職場環境づくり、従業員の生産性や定着率、満足度の向上は、企業の最重要課題です。

高ストレス者を出さない職場環境づくりの提案や、人事労務管理を切り口としたラインケア研修、セルフケア研修等を実施します。

労働基準監督署報告

国が指定する5項目について、労働基準監督署へ報告しなくてはなりません。

5項目を包括した集計データをご提供します。

 

WELL診断は「一般社団法人ウェルフルジャパン(WFJ)」が提供するストレスチェックです。

当事務所は、WFJのメンタルヘルス&ストレスチェック関東エリアの支援拠点となっています。

 

お問い合わせ

ホーム選ばれる3つの理由メンタルヘルスノウハウ推薦のお言葉事務所概要代表ブログ

PAGETOP