代表プロフィール

IT業界専門の人事コンサルタント

特定社会保険労務士

小林 裕幸

代表プロフィール

20年のIT業界で勤務した経験を活かし、複雑な人事・労務管理をトータルにサポート。

メンタルヘルス対策を充実することで、離職率を下げ、人材が定着する組織づくりに尽力している。

大学卒業後、某IT企業に就職するが3年で倒産。転職したIT企業では、営業、顧客サービス、品質管理といった部署を渡り歩く。

次第に責任のある仕事も任されるようになるが、深夜までの残業、休日出勤が常態化し、今でいうパワハラも見聞きする。

ある日、血圧を測ったところ、数値が200を超えていた。悩んだ末に、20年勤めたIT業界を去る決意をする。

その後、社会保険労務士事務所開業。

仕事に対するやりがいを感じながら日々を過ごすようになる。

しかし、セクハラやパワハラについて学び、理解が進むにつれて、サラリーマン時代の自らの言動がパワハラになると気づき愕然とする。

被害者であると同時に加害者でもあったことで自己嫌悪に陥り、この話題にふれると自分が責められているような気分を味わうようになる。

労働者側からのパワハラやいじめの相談のみならず、精神疾患が原因で休職している障害者やその家族から障害年金請求に関する相談も受けている。

【ビジョン】

メンタルヘルス対策は、ワークライフバランスなどの施策に共通する部分が多く、従業員の満足度、労働生産性を向上させることにつながる。日本企業、そこで働く労働者や家族が、いきいきと暮らせる社会の実現を目指していく。

 

【実績】

・NTT東日本でのハラスメント研修
・IT企業、人材派遣業などの労務改善コンサルティング
・外資系自動車販売会社での営業職員向けコーチング研修
・その他、中小企業向け労務相談、人材育成研修など

【代表者略歴】

●大阪府茨木市出身

●1960年8月生まれ

●法政大学 社会学部社会学科 卒業

●長年、業務システムの開発会社にて、営業部門、顧客サービス、品質管理部門などに勤務する。

●コーチングを岸英光氏に師事し、2002年独立。ビジネスコーチとして、主に、企業研修などの従業員に対するトレーニング、人事労務面でのアドバイスなどのサービスを提供。

●2007年9月 東京都社会保険労務士会 開業登録

●2009年5月 特定社会保険労務士 登録 現在に至る。

【保有資格】

・メンタルヘルスマネジメント検定 第1種マスターコース合格
・第1種衛生管理者免許
・1級DCプランナー
・AFP
・年金アドバイザー2級

お問い合わせ

ホーム選ばれる5つの理由メンタルヘルスノウハウサービス・料金推薦のお言葉代表ブログ

PAGETOP